からあげの食べ方

【からあげの食べ方は十人十色 】
からあげの食べ方は人それぞれです。揚げたてをそのまま食べる人もいれば、冷ましてからが美味しいと言う人もいます。からあげは少し手を加えるだけで全く別の商品と思うくらい味が変わるので、毎日飽きずに食べられる商品となっている事がからあげが人気の理由で、少し手を加えるだけで味が変わっても美味しさを保てるのは、どんな食材にもマッチするからあげの大きな特徴です。

【からあげの食べ方 その② ~簡単な味チェンジはソースをかける事~ 】
少し手を加えると書きましたが、手を加える一番簡単なやり方はソースをかける事だと思います。『ソース』にも複数種類がありますが、一番メジャーで認知されているのは『タルタルソース』ではないでしょうか。
また、ここ5年~10年で考察すると『マヨネーズ』や『おろしポン酢』で食べる人が急増しています。これはコンビニや飲食店の影響が強いと考えられます。からあげ業界は競争が激しく美味しいだけでは売れない状況なので、新しいバリエーションが続々登場しています。その中で定番商品化したのがマヨネーズとおろしポン酢だったということです。
今はYouTubeやInstagramで得意料理の動画を配信したり、投稿するのがスタンダードとなっているので、今まで以上に新しいソースや食べ方が生まれると思われます。
とり翔でも、新しいソースの開発や食べ方を研究していきたいと思っています。良いアイデアをお持ちの方は下記のお問い合わせよりご意見やアイデアを教えて頂ければ、当店の商品開発担当スタッフが分析させて頂きます。内容によって改良し商品開発化させていただきますので、ご自身のアイデアを世に出したい方がいらっしゃいましたら、下記のお問い合わせよりご連絡ください。

【からあげの食べ方 その③ ~他の食材と一緒に食べる~】
からあげは、ソースだけでなく他の『食材』と一緒に食べても美味しく食べられます。からあげにあわせる食材で有名なのは『レモン』でしょうか。からあげ発祥の聖地『大分』では、地元の名産品である『かぼす』をレモンの代わりにかける事も多いです。
他にも、これは実際に見たわけではなく耳にした話ですが、和歌山などでは『紅ショウガ』と一緒に食べるなども聞いたことがあります。みなさんの地元ではどのような食べ方が人気でしょうか。気にして見てみると新しい発見があるかもしれませんね。

【からあげの食べ方 LAST ~からあげは主菜のようで副菜にもなる~ 】
最後に紹介させて頂くのは、少し目線を変えてからあげを『副菜』として食べるパターンです。みなさんも一度は食べたことがある、からあげとカレーを一緒に食べる『からあげカレー』などです。大手の外食チェーン店のほとんどのお店でも、ハンバーグなどと一緒にからあげを1・2個乗せた『ミックスプレート』なども商品化されていますね。
他にもポテトとからあげ、サラダにからあげなどもあるので、考えれば組合せは無限にありそうですね。

そんな何にでもあう『からあげ』ですが、とり翔では『カレー』とのセットで購入できるようになっています。単品のからあげは個数が多くなるほどお得な価格設定となっています。味の種類も塩からあげだけでなく、明太子入りの当店の看板商品『博多からあげ』も1個からご購入できますので、皆様のご来店をお待ちしております。